ガラスのランプシェード 1930年代 14.8cm
価格:
8,500円(税込み)
品番:
sk-687
重量:
266g
サイズ:
全体の直径 14.8cm 中央の穴の直径 1.4cm
こちらは1930年代頃のガラスのランプシェード。ガラスのランプシェードは上が乳白色のガラス、下の面がピンクの透明のガラスと2層構造になっています。面の表面には手書きで青と赤の小花がペイントされ、その合間には研磨で白い表面を削り、ピンクの色が透けて見えるように細工されています。その上からバロック調の模様が金のラインで描かれてます。実際に灯りを灯すとピンク色が透けて見え、素敵な雰囲気を演出します。ランプシェードにはコード用の穴が中央に空いていて、そちらにコードを通して、下から電気器具を設置する感じで使用します。穴の直径は1.4cmです。内部のきわに極小さなものですが、欠けがあります。ペイントに一部擦れがあります。昔懐かしい雰囲気がいっぱいの美しいガラスのシェード。お店のインテリアなどにもおすすめです。
その他の詳細画像
きわから少し上の部分に小さな穴が空いています。クリスタルガラスの飾りを下げるための穴と思います。
昔懐かしい雰囲気の90年も古いガラスのシェード。
中はこのようにピンクのガラスの膜になっています。